進研ゼミや学研のような通信教材をお子さんに受講させた方がいいのか、迷っている親御さんは多いのではないでしょうか?通信教材は、塾に通わせたり家庭教師をつけることと比較すると、料金が安価でお子さんへの心身の負担が軽いことがメリットとして挙げられるでしょう。塾に通う時間や、家庭教師とのコミュニケーションを負担と感じるお子さんは少なからずいるでしょう。その点、通信教育は自宅で自分のペースで勉強に取り組めるため、手軽に受け入れやすい学習法と言えるのです。しかし、小学校の高学年になると、中学受験をするかどうかという選択が待っています。この選択によって、通信教材を受講するかしないかを決めてもよいかと思われます。できるだけ早急に目標を定めて、それに見合った学習法を選んでください。通信教材の中には、中学受験に向けた対策に力を入れているところもあり、ハイレベルな学習内容で、相談員が支援、サポートしてくれるサービスもあるようです。ただし、通信教材だけで中学受験に対応出来るのかというと、現状は厳しいと言わざるを得ません。塾に通いながら、自宅で通信教材を活用していたり、通信教材を使って家庭教師から指導を受けたりしているというパターンが多いと言えるでしょう。中学受験ともなると、ハイレベルな問題を解く力や問題を繰り返し解く努力や効率性が求められるので、通信教材のみでは対応が難しくなってしまうみたいです。とはいえ、中学受験に挑戦する準備段階として通信教材を早いうちから行っておくのは良い方法だと思います。通信教材(本人のやる気次第で成果が大きく変わってきます)で自宅学習の習慣を身につけて、コツコツと勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)を積み重ねていければ、中学受験に対応可能な基盤をつくることもできるでしょうー